新聞配達員の給料は高い?仕事内容・待遇などを元新聞屋が語る【額面年収は悪くないけど…】

仕事体験談

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

「学歴不問、寮完備、未経験歓迎、すぐ働ける」

中卒でも正社員としてわりと採用されやすいうえに、ちょっと給料が高そうなイメージのある「新聞配達」の仕事について、新聞屋歴7年のぼくが語ってみました。

本記事を書いてる現在は、完全に新聞業界から足を洗い、一般的な工場職に転職してます。

額面年収は新聞屋時代よりガクンと下がったものの、人並みの生活が送れるようになって幸福度は上がりました。

新聞配達員の給料は高い?

新聞配達員の給料は高い?

結論から言うと、新聞配達をしてる人の給料は「安い」です。

具体的に仕事内容や待遇とかを掘り下げつつ、なぜ新聞配達の給料が安いと思ったのかを説明していきます。

年収は500万円ぐらい

新聞屋時代のぼくの年収は「500万円ぐらい」でした。これは正社員として働いていたぼくの金額です。

中卒、30歳という点だけで見れば悪くはない額面年収だと思います。

とはいえ、仕事内容とか待遇とかを考えると少ないぐらいです。

補足:給料形態は「基本給+歩合」

  • 基本給:30万円
  • 歩合:5万円~

ぼくが勤めていた会社では上記のような感じでした。歩合に関しては個人差や能力差があるので一概には言えませんが、真面目に仕事をしていれば5万円以上は簡単に稼げます。

ちなみに、一番多かった月の歩合で20万円を超えた月もありました。

新聞配達のアルバイトでも年収300万以上は稼げる

どこの新聞屋でもそうですが、「配達のみ」というアルバイトの人がいます。

ちなみに、ぼくが以前勤めていた新聞屋には、休みなしで朝刊、夕刊の配達、しかも夕刊は3区域配達(500部ぐらい)をこなすスーパー配達員がいました。

この配達員ぐらい働いて、月収30万円とかです。なお、スーパー配達員の彼は社保には入れてもらえてなかったです。40歳、独身で毎日休まず新聞を配るだけの人生で月収30万円。

これでも新聞配達員の給料が高いと思いますか?

新聞配達員の仕事内容

新聞配達員の仕事内容

新聞配達員(正社員)の仕事内容を、ざっくり説明しておきます。

基本業務としては「配達・集金・営業」があります。

具体的な説明は下記です。

新聞配達(朝刊・夕刊)

平均すると朝刊300部、夕刊100部ぐらいを毎日配達します。(読売、朝日だとこれぐらい)

朝刊が販売店に届いたら折込広告を一部ずつ手入れして配達準備、それから2時間ぐらいかけて担当区域の配達をします。

夕刊は区域差ありますが、平均すると1時間ぐらいで終わります。折込広告も月に一回ぐらいなので、夕刊はわりと楽です。

補足①:悪天候でも配達は絶対

大雪、台風などの悪天候でも新聞配達は休めません。

余談ですが、先日の台風で行方不明になっていた75歳の新聞配達員が遺体で見つかるという痛ましい事案が発生しました。

ぶっちゃけ、新聞の情報は「遅い」という時代なのに、人命よりも配達を最優先に考える新聞社はヤバいです。

補足②:積雪時はソリを使って配達することもある

悪天候時の配達についてもう1つ補足しておくと、バイクや車が走れないほどの積雪時は、ソリに新聞を積んで、徒歩で配達することもあります。

当日になって急に休みますはマジで許されないので、悪天候時でも配達する覚悟は持っておいた方がいいです。

補足③:暗い夜道はわりと怖い

当たり前な話ですが、朝刊の配達時間は真夜中です。

人がいるわけないと思ってるところにいたりとか、わりと怖い思いをすることが多々あります。

怖い話とかオバケとかが苦手な人には向いてないかもです。

集金

毎月25日~翌10日ごろまでに、購読料の集金業務があります。

新聞を毎日家まで届け、その代金を自宅まで回収に行くスタイルって今どき新聞屋ぐらいのものだと思うんですけど、時代遅れですよね。

銀行引き落としやクレカ引き落としなども対応していますが、まだまだ現金集金の割合が多いです。

新聞屋時代にお客さんからよく言われたことが「コンビニ払いも対応してくれればいいのに」でした。

お客さん側としても、何度も集金に来てもらうのが悪いという感情になってしまうみたいですね。

コンビニ払いもできなくはないんですけど、手数料をケチって導入しない販売店がほとんどです。

営業

  • 新規開拓
  • 継続営業

ざっくり分けると上記です。

今現在、自社の新聞を購読してない家を訪問して購読をお願いしたり、今ある契約を再度延長してもらう継続など、基本的には「飛び込み営業」ですね。

補足:求人の「ノルマなし」は嘘

求人広告とかを見てると「ノルマなし」を謳ってる販売店がありますが、これは嘘なので鵜呑みにしちゃダメですよ。

目標という名のノルマ(わりと厳しめ)をしっかり課されるし、それに苦しんで自腹営業とかをして、何のために働いてるのかわからなくなってる人もたくさんいます。

営業が向いてないと思う人は、営業を免除してもらう働き方ができないかどうかを相談してみるのもありです。

新聞配達の労働環境、待遇は?

新聞配達の労働環境、待遇は?

給料、業務内容についてはだいたい上記ですが、労働環境や待遇について、具体的に掘り下げてみます。

なお、ぼくの経験に基づいた事実のみを書いてます。

拘束時間は12時間以上が基本

1日の拘束時間は短くても「12時間」とかでした。

働く時間帯が変則的なので、1日2回仕事に行くような不思議な感覚になります。

補足①:出社時間は朝早いとかのレベルじゃない

わりと勘違いされてるところなんですけど、新聞配達の朝は早いとかのレベルじゃないです。

販売店によって誤差はありますが、ぼくが勤めていた会社は夜中0時に出社、配達を終えて一旦帰宅するのが5時前後とかでした。

補足②:残業という概念がない

法律的に考えてもおかしいんですけど、新聞屋には残業という概念がありません。

万が一、労基に突っ込まれたときの対策的な感じで「残業代」という項目で手当は出ていましたが、時給にすると500円ぐらいの金額です。

控えめに言ってクソですね。

休日は週1日だけ

新聞配達員の休日は、原則「週1日」です。

それ以外に、月によって休刊日があったりなかったり。とはいえ、休刊日は朝刊配達がないだけで、夕刊は普通にあります。

補足:有給取得率はゼロ

新聞配達員にも、もちろん有給を使う権利はあります。

ですが、残念ながら新聞配達員がまともに有給を申請して認められるケースはほぼゼロです。

身内が亡くなったとかならさすがに認められるとは思いますが、とはいえ、それは忌引にあたるので、有給とはちょっとちがいますよね。

なお、新聞屋の有給事情については、下記の記事に詳しく書きました。

新聞配達員の寮の住み心地は?

新聞配達員の寮の住み心地は?

新聞屋の寮は、ざっくり分けて3パターンほどあります。

新聞屋の寮のパターン

  • ①販売店の真上や敷地内に寮を設けてる
  • ②民間のアパートを法人契約で借り続けてる
  • ③入社時に好きな物件を借りてくれる「借り上げ住宅」

上記のパターンですが、おすすめは③の寮です。

求人の概要欄に「好きな場所を選んで住む」みたいな文言が入ってる会社だと、わりと③のパターンの寮の会社に入れます。

自社所有型の寮はやめた方がいい

上記の①~③の中でいうと「①のパターン」の寮ですね。

このパターンの寮の最大のメリットは家賃が安いことですが、デメリットの方があまりにも多いです。

というのも、隣や上下階などの部屋に住む人も同僚なので、下っ端のうちは特に気を使って疲れると思います。常に気張っていることになるので、プライベートな時間はほぼゼロです。

あとは単純に仕事がサボりにくくなります 笑

やっぱり、毎日変則的な時間に労働をしていると、たまにはやる気が出ない日だってあります。

そんなときに、家に帰ってサボろうかなということができないので、たぶんつらくなります。

新聞配達員の人間関係はどうなの?

新聞配達員の人間関係はどうなの?

新聞配達の仕事は、一度配達に出てしまえば1人で淡々とこなすだけなので、特に煩わしい人間関係はありません。

とはいえ、職場にいる同僚は、わりとクセが強い人が多いので、こんな人たちが多い職場ということを説明しておきます。

  • ギャンブル依存者が多い
  • 時間を守れない人が多い
  • 前科持ち、元やくざとかが普通にいる
  • コミュ障の人が多い

ざっくり分けると上記ですね。

まとめると「社会不適合者」が多い職場だったりします。

まとめ:新聞配達の給料は安い

まとめ:新聞配達の給料は安い

ぼくの新聞屋時代の体験や、実際に感じたこと、給料面などをぶっちゃけて書いてきましたが、上記を読んでみても「年収500万円」が高いと思いますか?

短期間でまとまったお金を稼ぎたいという目標がある人にとっては、新聞配達の仕事も悪くないと思いますが、長期的に続けていくのは無理かと思います。

これから新聞屋に就職を考えてる人、新聞屋を辞めて転職を考えてる人は、下記の記事がおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

それではでは。

人気記事 中卒から正社員を目指す人が登録するべき転職サイト5選【学歴不問の求人多め】