一人暮らしにかかる費用はどれくらい?概算で出してみた【節約のコツあり】

money

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

これから一人暮らしを始めようと思っているんだけど、一人暮らしをするのに毎月かかる費用はどれくらいなの?何にどれくらいお金がかかるのか知りたい。

こんな疑問に答えていきます。

なお、本記事はぼくの一人暮らし体験に基づいた概算になるので、おおよその予算として参考にしてみてください。

未成年は物件の契約ができないので、親名義で借りてもらうとかしないと一人暮らしは厳しいです。

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

一般男性の基準ですが、ざっくり計算して18.5万円は最低でも必要です。

固定費だけでも約8.5万円ほど。

何にどれぐらいお金がかかってるのか、以下で細かく解説しました。

なお、記事後半には節約のコツなども書いてます。

家賃

生活エリアによってまちまちですが、ある程度の清潔感があって利便性も高いところを選ぶなら、6万円〜は考えた方がいいです。

都内なら8万円〜とか。

参考までにぼくが昔一人暮らししていた物件のスペックを置いときます。

  • 家賃:6万円
  • 間取り:2DK(洋6、洋6、和6)
  • 構造:3階建木造(部屋は2階だった)
  • 設備:風呂・トイレ別、追い焚きあり、ウォシュレット、エアコン2台)
  • 築年数:約20年(当時で)
  • 駅:徒歩5分
  • 都内に隣接した郊外都市

歩いていける範囲にコンビニもスーパーも揃ってたので、わりと利便性も高くてお気に入りでした。

光熱費

1万円ぐらいは考えといた方がいいです。

家にいる頻度とか、エアコンとかつける時間によっても差がありますが、1人なら大抵これぐらいです。

都市ガスかプロパンガスかによってもかなり変わります。

都市ガスの方が圧倒的に安いので、物件を探すときは都市ガスで探すことをおすすめします。

通信費

スマホ代、固定Wi-Fiで1万円〜1.5万円ぐらい。

ここは人それぞれ使ってるキャリアとかプランの差があるので、実際に現状で毎月どれぐらいかかってるのか調べてみるといいと思います。

食費

約6万円ぐらい。

ぼくの場合、料理がほぼできないので、外食とコンビニで3食済ませてました。

具体的には

  • 朝:300円ぐらい
  • 昼:800円ぐらい
  • 夜:1,000円ぐらい

こんな感じの内訳です。

自炊ほぼゼロの場合だと、たぶんこれぐらいの食費は毎月かかります。

交際費

2万円〜3万円ぐらい。

月によって変動ありますが、これぐらいは考えといた方がいいです。

 交際費とは?

名前の通り、主に遊びにかかるお金です。

友だちと飲みに行ったりとか、どこか出かけたりする場合などの出費。

友だち付き合いが多ければ多いほど予算は上がります。

雑費

1万円ぐらい。

ティッシュ、トイレットペーパー、ゴミ袋などの日用品や、体調不良のときに病院に行くための予算として毎月1万円は考えておいた方が安心です。

余ったら貯金にして繰り越すのがベスト。

合計

ざっと計算して、合計で約18.5万円ほど。

家賃や光熱費などの固定費だけで考えても、8.5万円は毎月必ずかかります。

こうして数字を可視化してみると、手取り収入が約20万円で一人暮らしを始めた場合、かなりカツカツの生活になることがわかります。

節約できるポイントとコツ

節約できるポイントとコツ

20万円の手取り収入じゃ厳しいので、理想の生活を送るために高収入の仕事を選ぶのも1つの手段です。

とはいえ、未経験、スキルゼロで高収入を探すとブラック企業率高めです。

なので、基本的な節約のコツを紹介しておきます。

住居は妥協が必要

家探しですが、ある程度の妥協は必要です。

上を見ればキリがないので、最低限譲れないラインを決めておくと家探しが捗ります。

ぼくはこんな感じの条件で探しました。

  • 風呂・トイレ別
  • 洗濯機置き場が部屋の中
  • 駅まで徒歩10分以内
  • 間取りは1DK以上

この条件を満たしていれば多少の悪条件は妥協するつもりでいましたが、思った以上に好条件の物件を借りれました。

とはいえ、こだわりを強く持ちすぎるとなかなかいい物件に巡り会えないので、妥協しつつ探しましょう。

なお、家賃は収入の4分の1ぐらいに設定しておくと生活がわりと楽になります。

 こんな物件は避けるべき

飲食店が下に入ってるビル(マンション)は、ゴキブリやネズミなどの害虫が入り込んでくる可能性があります。

リラックスできる空間に害虫が入ってくるとかなり萎えますので、飲食店の近くとかは避けた方がいいです。

通信費の節約なら格安SIM+モバイルWi-Fi

スマホ代、固定Wi-Fiとかも節約できるポイントです。

1日の大半は外出してるとかなら、固定Wi-Fiを引かず、モバイルWi-Fi+格安SIMの組み合わせとかなら、通信費を月5,000円〜7,000円ぐらいに抑えられます。

食費は健康に関わるから節約も慎重に

食費に関しては、削りすぎても健康に影響が出る場合があります。

ただ、ぼくのように毎日外食かコンビニは体に悪すぎるので、できれば自炊に挑戦してみるといいですね。

最近ではクックパッドなどを使えば簡単にできるレシピも豊富にあるので、食費を下げる工夫はできそうです。

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

かなりざっくり計算しましたが、一人暮らしに毎月かかる費用は約20万円ほどです。

現時点でそんな収入ないよという人は、本記事を参考にどこを節約できるか考えつつ、生活費を下げるための工夫を考えてみましょう。

もしくは、無理して一人暮らしにこだわらず、実家で甘えられる環境なら甘えるのもありです。

というわけで今回はそろそろ終わります。

それではでは。

関連記事 中卒が一人暮らしと仕事を同時に手に入れる方法【初期費用ゼロ】
人気記事 【実録】貯金ができない人の8つの特徴【貯金ゼロの恐怖】