仕事体験談

コンビニのアルバイトは簡単?中卒ブロガーがコンビニアルバイトで感じた挫折【体験談】

コンビニのアルバイトは簡単?中卒ブロガーがコンビニアルバイトで感じた挫折【体験談】

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

以前、ちょっと事情があってダブルワークをする必要があり、約1年ほど、週3日で夜間の時間帯にコンビニアルバイトをしていた経験があります。

コンビニの仕事=誰でもできる

世間一般のイメージではこんな感じの雰囲気が漂っていますが、ちょっとその感覚はちがうかなと思ってます。

コンビニの仕事内容などを紹介しつつ、中卒のぼくがコンビニのアルバイトで感じたことなどを語ってみます。

中卒でもコンビニで働ける?→はい。働けます

中卒でもコンビニで働ける?→はい。働けます

そもそもなんですけど、中卒がコンビニアルバイトに受からないと思ってる人が多いなと感じたので、この疑問に答えておきます。

結論から言うと、中卒でもコンビニアルバイトはできます。

コンビニの求人を見てみるとわかりますが、ほとんどの店舗は「学歴不問」あるいは、学歴についての記載はありません。

実際のコンビニの求人概要欄

中卒 コンビニ

上記を見る限りでは、どこにも学歴について触れた文章はありません。
むしろ未経験でも応募OKという間口の広さがコンビニのメリットでもあります。

コンビニは想像以上にハードワークです

コンビニは想像以上にハードワークです

コンビニは、どんなに低学歴の人でも働くチャンスがあります。

ですが、かなりハードワークなうえ、覚えることもたくさんあることは覚悟しておいてください。

以下に、ぼくが実際に働いていた店舗でやっていた作業を簡単に書いておきます。

コンビニの仕事内容

ここに書いたことが、コンビニでやるべき仕事のほぼすべてです。

レジ打ち

コンビニ業務の中でも基本中の基本です。ぼくは挨拶研修の後、レジ操作を一番最初に教わりました。

  • 現金決済
  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済(Suicaなど)
  • クオカード決済
  • 税金、公共料金などの支払い
  • 宅急便などの受付
  • 返金操作
  • 終業時の売上金を確認

コンビニのレジ打ち業務では、思い出せる限りでもこれだけの仕事があります。わけわかりません。

ぼくはこれらの操作をすべて1人でこなせるようになるまで、3ヶ月ほどかかりました。

夕方の時間帯とかにコンビニをよく利用する人ならわかると思いますが、宅急便の受付をしつつ、注文を受けたレジフードを用意しつつ、お客様のお弁当を温めつつレジ操作をするなんてことはざらにあります。

完全に1人でこなせる作業量ではありません。

商品補充

「品出し」といわれる作業ですが、これは割と夜間の時間帯にシフトに入る人がやることが多い作業です。

基本的には賞味期限などを確認しつつ、古い商品から順番に手前に並べ替えたり、入荷した商品を補充したりします。

コンビニでは毎週、新商品が入荷するので、入荷前日にシフトに入ったら陳列棚を用意しておくなど、想像力や新商品を目出せる置場配置を考えるセンスが問われます。

商品ジャンルによって廃棄処分する期限などを覚える必要があるので、なかなか複雑な作業でした。

キッチン

最近のコンビニはレジフードだけじゃなく、お店独自の手作り商品なども主戦力になっていますね。

キッチン業務はレシピ通りに作業するだけだから、割と簡単ですが、めんどくさいです。

基本的にキッチン専属のスタッフがいるわけではないので、レジ打ちなどをこなしつつキッチンでの作業になります。

ミニストップはハロハロの大量注文を受けると死ぬ

と、ミニストップで働いていた友だちが言っていました。

清掃

  • 店内
  • 店回り
  • トイレ

などを清掃します。

実は意外と清掃が一番楽だったりします。というのも、何も考えず無心で作業できるからです。

清掃道具の使い方などはマニュアルがありますが、清掃の目的は、店内の清潔感を保つことなので、キレイにさえできれば割と手段は問われません。

お客様にさえ気をつけて作業すればいいので、気楽にできるのが清掃のいいところです。

雨の日は店内が滑りやすくなるからこまめにモップで拭くなど、お客様ファーストの精神で作業します。

トイレ掃除はしんどかったです。

ゴミ掃除

コンビニのゴミ箱は割とカオスです。

というのも、分別ができてないのは当たり前なんですけど、燃えるゴミの袋の中が水浸しになってるということもよくありました。

原因は、カップラーメンの残り汁などをそのままゴミ箱に捨てる輩が一定数いるからです。

もともと容量が大きい袋を使っていますが、そこに水分が含まれるから、ゴミ袋がめちゃくちゃ重くなります。

ゴミ掃除はコンビニの仕事の中でもかなり重労働です。

中卒がコンビニの面接を受けるときのコツ

中卒がコンビニの面接を受けるときのコツ

コンビニは、お客様がいて初めて成り立つ商売です。

なので、コンビニの採用面接では、こんなところを見られているということをまとめました。

面接官が気にすること

  • 声の大きさ
  • 話すときの声のトーン
  • 表情
  • 姿勢
  • 清潔感のある見た目

ざっくりまとめるとこんな感じです。

コンビニは接客業なので、お客様に不快感を与える要素がないかどうかは割と重要視されます。

採用される面接 5つのポイント

  • 普段より1.5倍大きな声で
  • 普段より1.5倍明るい声で
  • 口角を上げて明るい表情を意識
  • 背中に1本の棒を入れたように背筋を伸ばす
  • シミ、汚れ、しわ、ほつれなどがない洋服で

面接当日は、この5点に注意すれば合格率が間違いなく上がります。

声の大きさは割と重要と考えてる経営者は多いので、大きな声でハキハキ喋りましょう。

声や表情に自信がない人は、鏡を見つつ、スマホの録音機能とかを使って練習すると効果的です。

結論:コンビニの仕事には適正がある

結論:コンビニの仕事には適正がある

本記事では、中卒がコンビニで働くことはできるかという疑問から、仕事内容、採用面接のコツなどについて答えてきました。

コンビニの仕事=誰でもできる

こんなことを冒頭に書きましたが、ぼくにとってコンビニの仕事は簡単ではなかったです。

どんな仕事でもそうですが、仕事にはそれぞれ適正があります。

自分の強み(得意なこと)をしっかり理解して仕事を選ぶことが大切なので、簡単そうとか楽そうだからという理由だけで仕事を選ぶのはやめた方がいいです。

それではでは。

人気記事 中卒から正社員を目指す人が登録するべき転職サイト5選【学歴不問の求人多め】