中卒には仕事がないってホント?高校を1年で退学したぼくの体験談【本質論】

転職

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

「中卒は仕事がないから大変だぞ」

身内からこんなことを高校を中退したあと、よく言われました。

しかし、求人情報誌などを見てみると中卒でもできそうな仕事はたくさんあります。

事実、中退したあとに仕事はすぐ見つかりました。

「中卒は仕事がない」ってどういう意味なんだろう。

中卒で社会人になって15年以上が経った今、この言葉の本質的なことが少しわかったので、ぼくの答えをまとめます。

結論:「中卒は仕事がない」は嘘です

中卒 仕事ない 嘘

結論から言うと「中卒は仕事がない」というのは嘘です。

ぼくが16歳で社会人になってから、15年の間に10回以上の転職をしてきました。

これは中卒でも就職できるだけの仕事があるという1つの根拠になりますよね。

これだけ転職できてる人がいるのに仕事がないってどういう意味なの?ってことを掘り下げてみます。

仕事の選択肢が少ない

中卒で就職活動をすると必ずと言っていいほどぶち当たる壁があります。

募集条件:高卒以上

このたった4文字に割と苦しめられます。

中卒の場合は、やりたい仕事を探すというより、できる仕事(学歴的に)の中でやりたい仕事を探すという感じになります。

もし、中学生のうちにやりたい仕事がすでに決まっているなら、学歴や資格などの応募条件は事前にしっかり確認しておきましょう。

高収入を狙うと99%がブラック企業

ぼくの経験談になりますが、求人で高収入を謳ってる企業は、例外なくブラック企業です。

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、大卒の平均的な初任給は約20万円とかです。

勉強を積み重ねてしっかり人生設計をしてきた大卒でも、初任給が約20万円。

超単純に計算して、中卒と大卒では勉強に費やした時間が7年は変わります。

そう考えたとき、早々に勉強することからリタイアした中卒が、大卒と同等の給料を貰うために提供できる価値は「時間」ぐらいしかありません。

お金を稼ごうと思えば思うほど、ブラック企業ばかり引いてしまうようになります。

求人を見て「いいな」と思う企業は高卒以上

求人 高卒以上 理由

長時間労働、パワハラ、暴言などが当たり前のように蔓延してる企業ばかりを渡り歩いてきて消耗したので、今の職場に転職するときは慎重に探しました。

  • 労働基準法で定められた時間を遵守してる企業
  • 休日がしっかり確保できる企業
  • 学歴、資格がなくても働ける企業

2018年、中卒のぼくが32歳のときに、こんな条件で転職活動しました。

運良く、4つ目に受けた企業(工場職)が割と条件に一致して、しかも採用してもらえたので、今はその企業で毎日働いています。

入社して8ヶ月ほどになりますが、毎日定時あがりだし、夏休みは10連休とかだったし、今のところ不満が1つもないぐらい幸せに過ごしています。

ぼくの場合は妥協せずに探し続けたことで、たまたま今の職場に出会うことができました。

でも、給料が25万円以上で中卒でもOKという企業を探すと、大半がブラックな業界になります。

ぼくが思うブラックな業界は、「営業、ドライバー、飲食」などです。

中卒でも就職しやすい職種

中卒のぼくが10回以上転職を繰り返してきた中で、割と誰にでも間口を広げてるなと思った職種をまとめておきました。

  • 建設業
  • ガードマン
  • トラックドライバー
  • 軽貨物宅配
  • 工場
  • 倉庫作業
  • 不動産営業
  • 新聞屋
  • 水商売・風俗店
  • 飲食店
  • パチンコ

このあたりは特に難しい資格なども必要なく、面接を受けたらその場で採用してもらうことも可能なぐらい就職しやすい職種です。

「軽貨物宅配・不動産営業・パチンコ」以外は全部経験してきましたが、どの仕事も労働時間が長かったり、休日が少ないブラック企業でした。

学歴を偽るのは犯罪です

余談ですが、学歴を偽って就職することは「私文書偽造」という罪になります。

行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

出典:弁護士法人中村国際刑事法律事務所

簡潔に説明すると、嘘をついて相手に不利益を与えた場合、3ヶ月~5年以下の懲役になるという罪です。

以前、大卒が高卒と偽って就職したことで、懲戒免職になったというニュースもありました。

嘘をついて就職しても、バレたときのデメリットが大きいです。

中卒の就職活動は資格があると強い

資格試験 自信

中卒が仕事を探すときに、資格を持っていると強い武器になります。

特に、就職したいと思ってる業界に関連した資格があれば、無資格の高学歴とも対等に闘えるかもしれません。

ぼくは今の仕事とはまったく関係ないけど「簿記2級、漢検2級」を持っています。

中卒が資格取得をするメリットを書いておきます。

関連ある資格なら就職に有利

当然ですが、就職しようとしてる業界に関連してる資格を持っていると、就職に強いです。

例えば、宅建を持ってる人は不動産業界に就職するとき、学歴がある無資格より有利になることもあります。

希望する職種が決まってる人は、資格取得を進めつつ就活してもいいかもしれませんね。

資格取得は自信がつく

19歳のときに、思いつきで「簿記3級」の試験を受けてみました。

勉強期間は約4ヶ月ほど。毎日3時間ぐらいはみっちり勉強しました。こんなに勉強に情熱を注いだのは、高校受験以来です。

コツコツ勉強した甲斐あって、簿記3級の試験はまさかの満点合格!これには自分が一番驚きました(笑)

ここから次のステップとして、5ヶ月後に簿記2級にチャレンジし、成功。

さすがに満点合格とはなりませんでしたが、この成功体験から「やればできる」という自信を持つことができました。

漢検は、割と漢字が得意ということもあって記念にチャレンジしてみたら合格できただけなので、特に努力はしていません。

履歴書の資格欄が埋められる

資格を持っていると履歴書に書くことができます。

空欄が多い履歴書って、なんとなく悲しくなるんですよね。自分が薄っぺらい人だという現実を客観的に見せつけられるような感じがするので。

業務に関係ない資格だとしても、面接官が話のタネにもできるし、「資格取得をするための勉強がしっかりできる人」という印象を相手に残すこともできます。

これ、意外と大事なことで、中卒でも勉強のやり方を知ってるか知らないかでは人から見られたときの期待値は変わります。

興味がある資格があれば、積極的にチャレンジしてみましょう。

中卒でも公務員になれる

受験資格に年齢制限や条件はありますが、警察官や消防隊員、自衛官、看護士など、中卒でも努力次第では公務員になることができます。

公務員に興味がある人は、「中卒 公務員」とかで検索してみると受験資格や年齢制限などの情報がたくさん出てきます。

中卒は努力次第で人生を変えられる

中卒 仕事ない

「中卒は仕事がない」の本質について語ってきました。

結論としては、努力を怠らなければどんな人にも平等にチャンスがあります。

テレビCMなどで最近よく見かける、クラウドファンディングサービスを提供してる「株式会社CAMPFIRE」という会社は、中卒の起業家が創っています。

この会社の創業者は「家入一真」という人なんですけど、2014年に東京都知事選に立候補したこともあります。ネット界、IT業界ではかなり有名人です。

学歴がなくても、正しい努力を積み重ねれば仕事を作る側である「社長」にだってなれるんです。

中卒は仕事がないなんて悲観してる場合ではありません。自分の未来のために、必死に努力しましょう。

それではでは。

人気記事 中卒から正社員を目指す人が登録するべき転職サイト5選【学歴不問の求人多め】
人気記事 【中卒の人生】低学歴でも幸せに暮らす生き方【まとめ】