ライフスタイル

中卒は苦労する?社会人15年間であったことをすべて話します【低学歴のすべて】

中卒 苦労

こんにちは。中卒パパです。

「中卒は苦労するから高校ぐらいは出ておけ」

あなたはこんなことを周りの大人から言われたことありますか?

あるいは、これを読んでる大人は、こんなセリフを言ったことはありますか?

中卒が苦労するって何を根拠に言ってるんだろうと思いますよね。

本記事では、社会人生活が15年を迎えた中卒のぼくが、実体験ベースでこれまでにあったことをすべて語ります。

中卒で苦労するかどうかは自分次第

中卒 苦労

なんだか身も蓋もない話になってしまい申し訳ないんですけど、ぼくは今まで生きてきた中で「中卒だから苦労した」と思ったことが特にありません。

それなりにどんな状況でも適応できてしまうのがぼくの強みなので、これといって苦労を感じることはなかったんです。

とはいえ、高校ぐらいは出ておきたかったなと思うのも事実です。

どんな場面でぼくがそう感じるのかについて掘り下げていきます。

仕事が限られる

職業の選択肢は圧倒的に狭いです。

学歴がある人が就職で不利になることはありませんが、低学歴の人はどう頑張っても低学歴が有利に働くことはありえません。

やりたい仕事が見つかったとき、学歴がネックになることは多々あります。そこは中卒が苦労する1つのポイントかもしれません。

ぼくがこれまで経験してきた職業をまとめてみます。

中卒でも働けた仕事

  • 建築業(塗装工、鉄筋工、型枠大工)
  • 水商売(キャバクラのボーイ、ホスト)
  • 新聞屋
  • 浄化槽点検業
  • トラックドライバー(ルート配送)
  • 工場←今ココ(超平和な優良企業です)

ぼくが今までに経験してきた職種をほぼすべて書き出してみました。

実にたくさんの業種に転職してきたことがわかりますが、そのどれもが肉体労働&ブラック企業でした。

長時間労働は当たり前、社長からの暴力や暴言なども普通にありました。

この他にも、不動産営業や倉庫作業、ガードマンなども中卒でも受け入れてもらいやすい職種です。

建築業は技術が身につくので、将来的に独立などの道も考えやすいから比較的おすすめですが、その他の職種は残念ながら手に残るスキルはありません。

ぼくは特にやりたい仕事があったわけでもないけど、選択肢が驚くほど少ないなとは、求人情報を見るたびに思っていました。

学歴をネタにバカにされる

中卒は、割とバカにされます。

学歴社会は終わったとは言いますが、体感的にはまだまだ学歴による差別はあります。

中卒って仕事あるの 笑?
ってか生きていけるの?

ぼくの1年しかない高校時代にできた友だちから、こんなことを言われました。

これは割と傷つきましたね。高校中退したことで最終学歴が中卒になったのは自己責任なんですけど、心配とかじゃなく嘲笑するかのような言い方がすごく悲しかったです。

この一件以来、その友だちとは距離ができて、今ではまったく付き合いがありません。

人間関係が変わった

高校を中退したあと、人間関係が変わりました。

変わったと言うより、単純に高校のときの友だちと時間が合わなくなりました。

ぼくが昼間仕事してる時間は、友だちは学校。

仕事が終わって暇になる夕方以降は、友だちがバイト。
高校生のバイト終わりは22時ですが、当時のぼくは塗装工をやっていまして、毎朝5時起きとかだったこともあって22時にはすでに寝ていました。

こうなると、遊ぶ相手も自分と同じように高校に行かず働いてる人や、高校にも行かず仕事もしてないニートになります。

このような人間関係が当たり前になってくると、生活が荒んでいきます。

付き合う人間や周囲の環境は、自分自身の将来に大きく関わるので、しっかり考えて選びましょう。

持論:努力の総量は決まってる

中卒 苦労

ぼくの持論なんですけど、最低限の人としての生活を営むには、努力の総量が決まってると思っています。

一般的に成功者と言われるお金持ちの人たちは、必要最低限の努力を上回るほどの努力をしてきたからこそ、その地位や名誉を手にしています。

必要最低限の努力とは?

今の御時世、高校は義務教育と同レベルでみんな当たり前に行ってます。

「高校卒業」が、必要な努力の最低ラインだとぼくは考えています。高校を卒業することがスタートライン。

中学までとは違い、高校はしっかり出席して単位をとらなければ卒業できません。

努力はしたくないけど何者かになりたいという人が犯罪者になってるイメージ。この話は学歴とはまたちがう話ですが、努力は大事です。

中卒、高校中退してる人は、世間的なイメージは残念ながら悪いです。人として何か問題ある人なのでは?と思われてることもあります。

「中卒だけどこの人はしっかりしてる」と思われるための信頼を積み重ねるには、勉強することが最短ルートです。

努力レベルの上限値を振り切れ

抽象的な話でスミマセン。

「努力の総量」をゲームに例えると下記です。

  • レベル10~:平均年収300万とかの平均的なサラリーマン
  • レベル30~:平均年収500万とかのちょい上のレベルのサラリーマン
  • レベル50~:平均年収700万とかの高収入サラリーマン
  • レベル80~:平均年収1,000万超えのエリート層

ゲームでもそうですが、レベル上げってとにかく地道な作業の繰り返しですよね。スライム倒しまくって経験値増やすみたいな。

でも、一定のレベルまでいくと、スライムばかり倒してても全然レベルが上がらなくなります。

そこが1つステージの上がった状態でして、自分が大きく成長するタイミングだったりします。

人生の中でレベル10までの努力しかしなければ「一般的なサラリーマン」のままですし、レベル80を超える努力をすれば「エリート層」に食い込めるかもです。

常に限界にチャレンジし、努力レベルを高めていきましょう。

中卒は苦労するけど実力次第で面白くもできる

中卒 苦労

選択肢が狭まる分、人生の自由度は高学歴の人に比べるとやや低く感じるかもしれません。

特に、職業の選択肢は、中卒の場合、絶望的に少ないです。

しかし、中卒でも弁護士などの立派な職業に就くことはできます。ここは本人の努力によることでどうにかできるところ。

資格の受験資格に大卒以上というものも中にはありますが、努力次第では中卒でも活躍することはできます。

すべてが実力主義というのが中卒の生きる道。中卒でも成功してる人はたくさんいます。ぼくがリスペクトするサッカー選手の「三浦知良」も中卒だったりします。

一度勉強や努力から逃げた中卒は、仕事や資格試験などの努力や勉強から逃げると「中卒は苦労する」という結論になるかもしれませんね。

それではでは。

人気記事 中卒から正社員を目指す人が登録するべき転職サイト5選【学歴不問の求人多め】