中卒で年収500万円以上稼いだ仕事の中身を公開【稼ぐことは簡単】

仕事体験談

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

年収500万円以上を稼ぐ人は、全労働者の中でも上位3割ですが、中卒でも稼ぐことは可能ですか?なお、無資格、スキルゼロです。

こういった疑問に答えていきます。

結論から言うと、中卒でも年収500万円以上はわりと簡単に稼げます。

無資格、スキルゼロのぼくがどんな仕事で年収500万円以上を稼いだのか、その仕事の中身について公開します。

中卒で年収500万円以上稼いだ仕事

中卒で年収500万円以上稼いだ仕事

中卒のぼくが年収500万円以上を稼いだ仕事は、「新聞屋」でした。

なお、必要な資格は原付の免許があれば充分です。都内とかだと原付の免許すら必要ないです。

新聞屋の仕事内容

新聞屋の主な仕事内容は以下の3つです。

  新聞屋の仕事内容

  • 新聞配達
  • 購読料の集金
  • 新規獲得、継続契約などのセールス

この3つが基本業務ですが、稼ぐために注力すべきは「セールス」です。

とはいえ、新聞のセールスは特に難しいことはなく、淡々と訪問し、情に訴えかけるなどプライドを捨てれば誰でもできるセールスです。

新聞屋の労働環境

労働環境は、ぶっちゃけ、良いとは言えません。ホワイト企業とは縁遠いスタンスなのが新聞屋です。

参考までにぼくが勤めていた新聞屋の労働環境をまとめておきます。

 新聞屋の労働環境

  • 1日12時間拘束が平均
  • 月末月初は24時間拘束もあり
  • 完全週休1日
  • 有給取得率ゼロ
  • 営業ノルマ厳しめ

令和の時代にこんな働き方をさせる会社がまだあるのかと思いますが、全国の新聞屋はわりとこんなところが多いです。

中卒でも稼ぐことは簡単

中卒でも稼ぐことは簡単

最終学歴が中卒でも、稼ぐことはわりと簡単です。

勉強ができる頭の良さと、お金を稼ぐことはまったく別物なので、「低学歴=稼げない」ということはありません。

ただし、以下の点は理解しておくべきポイントです。

頭が悪ければ体で稼ぐしかない

特別なスキルや資格がないけどお金を稼ぎたいという人は、体を使って稼ぐしかないです。

ぼくは資格もスキルもないので、自分の足を使って新聞のセールスで稼ぎました。

もちろん、最初からセールスが上手かったわけではなく、最初の1週間ぐらいは新規契約ゼロでした。

セールスが上手い先輩に同行して手法を真似しながら試行錯誤をしつつ、でも訪問する足を止めず、3ヶ月ぐらいがむしゃらにセールスをしていたら、社内で営業成績トップになりました。

稼ぐためには、ときにがむしゃらに行動しまくる時間が必要ということをこの経験から学びました。

お金を稼いだ先のビジョンは?

年収500万円以上は1つの目標でもありましたが、お金を稼いだあとの明確なビジョンがぼくにはありませんでした。

稼ぐことはできたけど、お金の使い方が上手くなかったので、結局何も残っていません。

お金を稼ぐことはわりと簡単ですが、稼いだあとのことを考えておかないと、ただ消耗するだけの毎日になってしまいます。

「稼ぎたい」の先に何を求めているのか、ここまでイメージしておくことは重要です。

中卒で年収500万円以上稼いだ仕事

  • 低学歴
  • 無資格
  • スキルゼロ

この条件でもサラリーマンの年収の上位3割に入れる可能性が新聞屋にはあります。

世間的なイメージはかなり悪いですが、お金を稼ぐことにフォーカスするなら新聞屋で働くという選択肢もありです。

とにかくお金を稼ぎたいという強い意志があれば、中卒でも年収500万円以上を稼ぐことは可能です。

それではでは。

人気記事 中卒から正社員を目指す人が登録するべき転職サイト5選【学歴不問の求人多め】
人気記事 【中卒の人生】低学歴でも幸せに暮らす生き方【まとめ】