【実録】貯金ができない人の8つの特徴【貯金ゼロの恐怖】

money

こんにちは。中卒ブロガーのトラジです。

30代、4人家族だけど貯金がゼロ。このままだと老後資金どころか子どもの教育資金すら用意できないかも…

上記は我が家の実話です。

高校1年の冬に中退し、わりと社会人経験は長い方なんですけど、今までに貯金というほどの貯金をしたことがありません。

こんな体質を改善すべく、自分を客観視しつつ貯金体質に改善していくための対策などをまとめていきます。

貯金ができない人の8つの特徴

貯金ができない人の8つの特徴

ざっくりまとめると、貯金ができない人は下記の特徴があります。

  • 支出を把握してない
  • 買物する理由は「安いから」
  • まとまったお金が入ると消費しか考えない
  • 行き当たりばったりな行動が多い
  • コンビニを多用する
  • 新しもの好き
  • 危機感がない
  • 収入が少ない

これらは、自分を客観視してみたときに無駄な出費の根源となってるものたちです。

1つずつ深掘りしてみます。

特徴①:毎月の固定費を把握してない

貯金ができない人の特徴として「いつの間にお金がない」ということが多々あります。

便利そうだからという理由で登録したけど、実はまったく使ってない月額課金制のサービスとかは、いつの間にかお金が消えていく支出の代表です。

毎月、何にいくらかかってるのかを把握しておかないと、「気づいたらお金がない」状態になりがちです。

特徴②:とりあえず安いから買っておく

スーパーとかで買物していて、特売品に出会ったとき「安いから買う」という理由で買物すると、だいたい無駄が多いです。

いつ使うものなのか、ホントに使うものなのかを吟味しないと、冷蔵庫の中で賞味期限が過ぎ、結果としてお金をドブに捨てるのと同じことになります。

「悩む理由が値段なら買いなさい。買う理由が値段ならやめなさい」

名言ですね。

特徴③:まとまったお金の使い方が絶望的に下手

ボーナスとか、児童手当とか、転職したときに受け取った失業保険とか、ここ数年でわりとまとまった金額の入金が度々ありました。

しかし、我が家には貯金がありません。

それらのお金の大半は生活費だったり、前から気になってたけど高くて手が出なかったものとかの購入資金に消え、貯金や借金の返済に回さなかったという絶望的なお金の使い方をしました。

たぶんですが、まとまった金額の入金予定がわかったときに、何%は絶対に貯金するとか、振り分けをきっちりしていればまたちがったかもしれません。

特徴④:無計画で無駄な出費が多い

わりと無計画にお金を使ってしまう傾向があります。

あればあるだけ使ってしまう子どもと同じですね。

繰り返しになりますが、入金の予定がわかった時点で何にいくら使うのかを具体的に計算し、お金の収支を細かく把握する癖をつけないとあっという間にお金はなくなります。

特徴⑤:コンビニは「ついで買い」をさせるプロ

コンビニを多用する人は要注意です。

というのも、コンビニって目的を決めて買物に行かないと、つい必要ないものまで無駄に買ってしまうんです。

コンビニ側は少しでも売上を伸ばすために、マーケティング技術を駆使してレイアウトを作っているので、うっかりついで買いをしてしまいます。

例えば、たばこを買いにコンビニに行ったつもりが、ついついお菓子とかコーヒーとかも買ってしまったなんていう経験があると思います。

一時的な金額として見ればそれほど大きなものではありませんが、とはいえチリツモなので、貯金ができないで悩んでる人はコンビニの多用を避けるべきです。

 自販機にも要注意

コンビニと並んで「自販機」とかも無駄遣いの温床です。

ドン・キホーテとかのディスカウントストアに行けば、1本50円とかで買えるジュースを、1本130円で自販機で買うことほど無駄なものはありません。

普段から水筒を持ち歩くとか、ディスカウントストアで安いジュースをまとめ買いしておくと節約効果も高くなります。

特徴⑥:流行り物に飛びつきたがる

新しい物好きは貯金ができません。例えば最近だと「iPhone 11 PRO」が発売されましたね。

appleとかは購買意欲の煽り方が上手いので、ちょっと古いiPhoneだとしても、今も普通に使えてる人が、10万円ぐらいするスマホを1年とかで買い替えてしまう時代。

たしかに、新しいモノは洗練されていて、なおかつTwitterとかで新しいiPhone購入ツイートとかを見かけるとほしくなる気持ちはあります。

買い替えの理由が明確でない人は、ちょっと買うのを待たないと結果的に出費を減らすことはできず、貯金ができません。

特徴⑦:危機感がない

我が家は、将来かかるお金に対して恐ろしいぐらい無頓着にきてしまいました。

その結果、まとまった入金があれば遊びに消費し、大型家電が壊れれば慌てて金策に走り、無計画に転職を繰り返すなど。

結婚してから7年が経ちましたが、常に自転車操業できてしまいました。

子どもたちが大きくなるにつれ、やっと将来に対する危機感が出てきたので、これを機に家計改革を妻が主導で推し進めています。

特徴⑧:そもそも貯金できるほど収入がない

漠然と「貯金しなきゃな」みたいな気持ちはありましたが、それ以前に借金の返済や生活費などで、収入の9割が消えていました。

雑誌とかブログとかを読んでると、低収入でも年間100万円の貯金を達成してる人とかもいますが、実家からの援助などがあったりします。

前職での年収は500万円ぐらいありましたが、収支のバランスが悪く、貯金は1円もできなかったです。

我が家は妻家族と同居(生活費は折半)を始めて、物理的な援助はないものの、固定費は以前に比べて格段と下げることに成功しました。

貯金をしたい人必見の本

ちょっと古い本ですが、家計とかお金の本質的なことをわかりやすく解説してくれてます。

お金の知識をわかりやすく学びたいという人にはおすすめです。

貯金ゼロの恐怖

貯金ゼロの恐怖

貯金ができなかった我が家ですが、妻が老後のお金やこれから子どもたちにかかる教育費をシミュレーションしてから意識が変わってきました。

このままいくと老後の生活資金がショートし、生活自体が成り立ちません。

それと、家計に余裕がないと家庭の空気感も悪くなり、子どもたちに充分な教育のチャンスを与えることもできなくなります。

貯金ゼロは「百害あって一利なし」です。

対策:将来にかかるお金を具体化する

貯金ができない体質だった我が家の具体的な改善策は下記です。

  • 妻が本格的に仕事探しをした(専業主婦だった)
  • 毎月の支出を細かい項目で見直した
  • 将来を本気で不安視し始めた

上記の3つを始めたことで、計算上だと年間100万円の貯金ができる予定です。

とはいえ、取らぬ狸の皮算用なので、半分で見積もっても年間50万円は貯金ができるようになりますね。

貯金ゼロ、毎月の家計は自転車操業だった我が家にも希望が見えてきました。

手取り月収は21万円

念のため収入を晒しておくと、ぼくの手取り月収は約21万円ほどです。

妻がパートを始めて見込める収入が、約2万円〜5万円ぐらい。

労働収入+児童手当で、年間100万円の貯金を目指します。

貯金の期限と目標金額を具体化する

貯金できない体質の人が、「とりあえず貯金してみる」とかだと、たぶん続きません。

  • いつまでに(期限)
  • いくら貯める(目標金額)

というように、ゴールを具体的に決めないとブレます。

 我が家の貯金目標と期限

妻が将来のお金をシミュレーションして立てた目標は、「子どもが15歳になるまでに500万円ずつ教育資金を貯める」です。

我が家は子どもが2人なので、約10年で1,000万円の貯金が目標になります。

貯金ができない人の特徴と改善策

貯金ができない人の特徴と改善策

そろそろ終わりますが、貯金ができない人の特徴と改善策をまとめると下記です。

貯金ができない人の特徴

  • 支出を把握してない
  • 買物する理由は「安いから」
  • まとまったお金が入ると消費しか考えない
  • 行き当たりばったりな行動が多い
  • コンビニを多用する
  • 新しもの好き
  • 危機感がない
  • 収入が少ない

貯金ができない人の改善策

  • 妻が本格的に仕事探しをした(専業主婦だった)
  • 毎月の支出を細かい項目で見直した
  • 将来を本気で不安視し始めた

すでに共働きだけど貯金ができないという家庭は、毎月の支出を徹底的に見直してみてください。

ほんの数千円とかでも無駄を見つけたら、すぐに削り、貯金に回してみましょう。

千里の道も一歩からです。

それではでは。

関連記事 【必見】auのスマホ料金を年間6万円も安くした方法【固定費のスリム化】