物欲日記 Vol.1:RX100がほしい。3万円台で買える最強のコンデジ

favorite

やり場のない物欲を消化する場所として作った「物欲日記」。

ぼくの物欲が沸々と湧いてきたときのみ更新される不定期な日記だ。

今回は、記念すべき(?)第一回目の物欲日記。最強のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の呼び声高い、『RX100』が気になってしょうがないので、物欲日記にて紹介していくことにする。

DSC-RX100ってこんなカメラ

DSC-RX100
出典:SONY公式サイト

2012年に SONY から発売されたコンデジなのに、7年経った今でも廃盤にならず、現行品と同等にラインナップされてる人気商品だ。

詳しいことはわからないけど、とにかくボタン1つで簡単にキレイな写真が撮りたい。でもカメラにそこまでお金はかけられないという素人なら、まずはこのカメラを選んでおけば間違いないというぐらい、初心者におすすめのカメラらしい。

ちなみに、RX100 シリーズは2019年11月時点で『RX100M7』という機種まで販売されているが、最新機種になると約13万円と、コスパがいいとは言えない値段になってくる。

RX100のスペック

公式サイトとかを見てみるとたくさんの数字が羅列されているが、カメラ選びで特に重要と思われる(口コミとかで多くの人が触れてる部分)数字などをまとめてみた。

RX100 スペック

  • 有効画素数:2020万画素
  • 焦点距離:28mm~100mm
  • F値:F1.8~F4.9
  • 最短撮影距離:5cm
  • 記録フォーマット:JPEG/RAW
  • サイズ:101.6mmx58.1mmx35.9 mm
  • 重さ:240g

サクッとまとめると上記。カメラ素人のぼくはこのスペックを見てもさっぱり意味がわからないが、「RAWで撮れる」というのがポイント高いと、どこかの口コミに書いてあった。

ポケットに入れて持ち歩くのにも問題ないサイズ感が嬉しい。本気で写真にこだわるならミラーレスとか一眼レフあたりを選んだ方がいいと思うが、ぼくはできるだけ荷物を増やしたくない。

できればポケットに収まる荷物だけで出かけたいぐらい身軽な状態を好むので、 SONYお得意のコンパクト化がありがたい。

このコンパクトさで、大判プリントにも耐えられる解像感と柔らかなぼけ。この2つは驚きでしたね。圧倒的な画質と圧倒的なコンパクトさには、写真家をも唸らせるものがあります。自分の写真家としてのスタイルは、緻密な風景に奥行き感を持たせ、いかに立体感を出せるかということです。「DSC-RX100」は、ピントがあう部分は力強くキレがあり、それ以外の部分では自然なぼけが表現できる。パッと見て一眼カメラとそん色がないほどのクオリティでした。

出典:https://www.sony.jp/cyber-shot/interview_rx100/

上記はプロの写真家のコメントを引用したものだが、「コンデジなのに一眼カメラとそん色ない」と、プロが認める実力を持つのがRX100の魅力だ。

心地よい重さが所有欲を満たしてくれる

先日、ケーズデンキで実機を触ってみたが、コンパクトなボディサイズのわりに、ずっしりと重みを感じた。軽ければ軽い方がいいという人もいるかもしれないが、多少の重さがあった方が高級感を感じられるし、所有欲も満たされると思う。

とはいえ、ポケットに入れても邪魔にならない程度の重量なので、スナップ撮影はわりと捗るはずだ。

RX100は3万円台で買えるのが魅力

「一眼カメラとそん色ない」とプロが認めるほどのコンデジだが、初代RX100は、なんと3万円台で新品が購入できるというから驚きだ。

2019年11月時点での価格.com最安値は「34,100円」となっている。
ちなみに、中古になると2万円も出せば状態がいいものが買える。

とはいえ、これだけ低価格で本格派のコンデジを購入できるなら、新品を狙った方が安心だ。

SONY RX100だけで撮るブログが素敵

RX100がほしくなって、あれこれ調べるとまっさきに出てきたブログがあった。

RX100で撮れる写真や、撮り方のコツ、撮った写真の編集のコツなど、カメラライフを豊かにするためのノウハウなどを惜しげもなく公開してくれてるブログだ。

ぼくもこういった世界観をブログで表現したくて、RX100がほしい。微力ながら応援の意味も込めて下記にリンクを貼っておく。

» Sony DSC-RX100だけで撮るブログ

スナップ撮影とか子どもの撮影とか。

スナップ撮影とか子どもの撮影とか。

RX100を買ってぼくがやりたいことは下記。

  • 街歩きをしつつスナップ撮影
  • 子どもたちやペット(犬、猫)の日常を切り取った写真
  • ネットショップを始めたときの物撮り

旅行とかは好きなんだけど、出不精な一面もあるから、RX100を購入すれば出かけるきっかけになるかもしれない。

特に寒い時期は家から出たがらない傾向があるから、RX100の購入はわりと有効打だと思っている。

出かけた先の風景とかを、自分だけの視点で切り取るのがすごく楽しそう。

ブログに使う写真も自分で撮りたい

今ブログに使ってる写真は、フリー素材をネットで拾ってきて使わせてもらってる。

ただ、せっかく自分の色を出したブログをやってるからには、ブログ用の写真も自分の世界観で撮影したものを使いたいと思うようになった。

オリジナル写真を使うことで他ブログとの差別化にも繋がるだろう。

決意表明:半年以内に買う。

というわけでまとめるが、RX100を半年以内に購入することをここに宣言しておく。

禁煙開始からついに1ヶ月。貯金額や感想を公開します【タバコをやめると幸せになれる】にも書いたとおり、禁煙を始めたら物欲が増えた。

とはいえ、禁煙した分、自分で自由に使えるお金が増えたから、3万円台のカメラを買うという目標はわりと簡単に達成できると思う。

毎月6,000円ずつの貯金を徹底して半年。これはイケる。イケる未来しか想像できない。

半年後には、『RX100を購入したからレビューしてみる』みたいな記事を書いてることを約束しよう。 

あとがき

こんな感じで30代の物欲をぶつけるだけの日記を、不定期で更新してみたけど、初めての試みとしては面白かった。

また沸々と物欲が湧き上がって、やり場がなく悶々としたときはブログにて吐き出すことにしよう。

記事を書くにあたって、RX100のことをいろいろ調べ直してみたが、やっぱりどうしてもほしい。物欲は消化できなかったが、決意を固めるにはいい機会だったと思う。